塩辛の源馬|いか塩辛・鰹塩辛など、ご飯がすすむおいしい塩辛

塩辛の源馬からニュース&トピックス

おかげさまで今年で創業100年を迎えました。

源馬(げんま)は、創業明治44年。静岡県浜松市にある老舗の塩辛屋です。初代社長は、舞阪漁港(浜松市)の目の前に住んでいて、幼少の頃から毎日大量の鰹が揚がるのを見ていました。浜名湖は、黒潮がすぐ近くを通っているため、揚がってくる鰹も大変新鮮です。当時、水揚げされた鰹は、漁港近くの鰹節工場ですぐに加工されていたのですが、内臓は捨てられてしまっていました。新鮮な鰹だから、内臓も臭みが少なく、良質なもの。捨てられてしまうのはもったいない!と思い立ち、塩辛を作ったのが始まりです。以来、源馬は日本の伝統的な保存食を大切に守り、育ててきました。今日ではあさり酒蒸し、桜えびグラタン、あわび柔らか煮などの水産加工品、いわゆる惣菜の製造も手掛けるようになりました。今年で創業100年。これからも、海産物加工の源馬として、新しい歴史を刻み続けます。

大正時代、艦船でも源馬の塩辛が食されたこともあり、その証明書が会社に大切に保管されています。

大正時代

現在地:トップページニュース&トピックス

塩辛の源馬からニュース&トピックス

ニュース&トピックス一覧のページへ

塩辛の源馬 ショッピングカート